7回1失点と力投したヤクルトの奥川=京セラドーム

 ヤクルト2年目の奥川恭伸投手(20)=かほく市出身、星稜高OB=が20日、京セラドーム大阪で行われたオリックスとの日本シリーズ第1戦に先発し、7回1失点と好投した。勝利投手の権利を持ってマウンドを降りたが、九回に3-4でサヨナラ負けを喫し、白星は消えた。

【関連記事 奥川 友に誓った力投】

 巨人とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナル第1戦(10日)ではプロ入り初の完封勝利。日本シリーズでも開幕投手を託され、オリックスのエース山本由伸と息詰まる投手戦を演じた。

 1点リードの七回、代打モヤに同点となるソロ本塁打を浴びたが、直後の八回に4番・村上宗隆の2ランで3-1と勝ち越し、勝利投手の権利を得た。奥川は97球、6被安打、3奪三振、2四球の内容だった。

 日本シリーズは7試合制(4戦先勝)で、ヤクルトは20年ぶりの優勝を狙う。

無断転載・複製を禁じます