●コロナ落ち着き

 金沢市は15日の宿泊分から、市独自の旅行割引事業「五感にごちそう金沢宿泊キャンペーン」の対象地域を、北信越5県と岐阜、群馬両県の住民に拡大する。石川県内での新型コロナの感染が落ち着いてきたことから、県民に限っていた利用対象を広げる。コロナで打撃を受ける観光産業を後押しし、地域経済の回復につなげる。

 これまで感染収束期に対象としていた富山、福井、長野、新潟の各県に、新たに北陸新幹線沿線の群馬県と広域観光で連携する岐阜県を加えた。

 五感にごちそうは、市内でコロナ対策認証制度を取得している宿泊施設に泊まり、飲食や工芸体験を組み合わせた旅行プランを利用した人を対象に最大1万円を割り引く。石川県の県民旅行割と併用可能で、来年1月31日の宿泊分まで利用できる。事業は感染が急拡大した7月16日に予約の受け付けを停止し、まん延防止等重点措置が解除された後の10月8日から県民限定で再開していた。

無断転載・複製を禁じます