入団交渉後、ユニホーム姿で笑顔を見せる松井投手=金沢市内のホテル(楽天野球団提供)

 プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスからドラフト5位で指名された金沢学院大の松井友飛(ともたか)投手(22)=穴水町出身、穴水高OB=が9日、金沢市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3500万円、年俸700万円(金額はいずれも推定)で基本合意した。

 【関連記事 「レベル上げ結果出す」松井、プロで飛躍誓う 楽天入団合意】

 大学ではエース右腕として活躍し、190センチの長身から繰り出す最速154キロのストレートを持ち味とする。穴水町出身でドラフトからNPB(日本野球機構)球団に入るのは、埼玉西武ライオンズの牧野翔矢捕手(20)=遊学館高OB、2018年・5位=に次いで2人目となる。

 今年のドラフトで金沢学院大は松井、長谷川威展(たけひろ)(22)=北海道日本ハムファイターズ6位=の2投手が1996年の創部以来初の在学生指名を受けた。

無断転載・複製を禁じます