「500万円」のカニに笑顔を見せる宿泊客=金沢市湯涌温泉

 6日に500万円で落札された加能ガニの最高級ブランド「輝(かがやき)」の第1号が7日、金沢市湯涌温泉の「金澤湯涌温泉百楽荘彩心(いろは)」で、4人家族の地元宿泊客に振る舞われた。身がぎっしりと詰まった紅色の輝きに、選ばれた一家は「夢のよう」と喜び、「うまい」と歓声を上げた。

 「これが取れたばかりの最高級のカニです」。島田大輔料理長(44)が、県民旅行割を利用して宿泊した金沢市寺町1丁目の公務員長谷川崇さん(45)一家のテーブルに、活(い)きのいいカニを見せた。

 「競りで落札された最も高額なカニ」として、ギネス世界記録に認定された鳥取県のズワイガニ「五輝星(いつきぼし)」と同じ値が付いた海の幸を前に、一家は「でかい」「動いてる」と目を丸くし、長女結奈ちゃん(6)は値段を聞いて「高すぎ」とさらに驚いた。

 最大限の甘みを味わってもらうため、生ではなく、丸ごと1匹をゆでて提供した。一家は身を頰張ると「ほっぺが落ちそう」と感激し、長男陽一君(10)は「将来お金持ちになったらまた食べたい」と話した。

 百楽荘は他の宿泊客にも解禁日に取れた加能ガニをサービスした。島田料理長は「お客さんに喜んでもらえて何よりです」と話した。

無断転載・複製を禁じます