石川県は27日、金沢市の50代男女2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は中等症、男性は軽症でいずれも感染経路は分かっていない。559件の検査結果が報告され、累計は20万63件と20万件を超えた。感染者の累計は7958人。

 27日は4人が退院し、治療、療養中の患者は20人となった。県指標では、1週間の新規感染者19人、感染経路不明者9人、病床使用率1・6%(7人)といずれも改善した。重症病床使用率は前日から変化はなかった。

  10月調査2件中2件がデルタ株

 石川県は27日、今月の感染者の中から2件を調べたところ、いずれもインド由来の変異株「デルタ株」だったと発表した。変異株の比率は10月全体で94・3%(33件)となった。

無断転載・複製を禁じます