初収穫した青パパイアを確認する宮城さん=無量寺町

 金沢市無量寺町で今年から、青パパイアを栽培する沖縄県出身の農家宮城康次さん(47)=額乙丸町=が27日までに、初の収穫作業を行い、重さ約300グラムの丸々とした実20個を摘み取った。

 宮城さんはJA金沢中央大徳さつまいも部会員としてサツマイモを栽培する傍ら、沖縄の野菜を金沢の人に広めようと、今年から青パパイアの栽培に取り組んでいる。初年度ながら生育は順調で、12月初旬まで約200個の収穫を見込んでいる。

  朝市で20個完売

 JA金沢中央の秋のふれあい朝市は27日、同JA大徳支店で開かれ、農家がサツマイモやネギなど約20品目を並べた。宮城さんが出荷した青パパイア約20個は約30分で完売した。

無断転載・複製を禁じます