プロ野球パ・リーグで25年ぶりの優勝を決め、胴上げされるオリックス・中嶋聡監督=27日、京セラドーム大阪

 パ・リーグは27日、オリックスの25年ぶり13度目(阪急時代の10度を含む)の優勝が決まった。既にレギュラーシーズン全日程を終了。2位ロッテがこの日、楽天に1―2で敗れ、残り2戦に全勝しても勝率で上回られなくなった。優勝へのマジックナンバーは一度も点灯しなかった。

 就任1年目の中嶋監督が率いたオリックスは、交流戦優勝と37年ぶりの11連勝を果たした6月に首位浮上。球団新記録の15連勝を含むリーグ最多18勝の山本、32本塁打の杉本を軸に奮闘し、最終盤までもつれたロッテとの優勝争いを制した。

 前年最下位の優勝はセ、パ両リーグに分立した1950年以降、7度目。

無断転載・複製を禁じます