津市のリサイクルセンターで見つかった1万円札=27日午後(同市提供)

 津市は27日、リサイクルセンターに家庭から運び込まれた金属ごみから現金286万円を発見したと発表した。同日津署に拾得物として届け出た。

 同市によると27日、センターの運営を委託した業者の職員がベルトコンベヤー上のごみを手作業で分別していて、一塊になった大量の1万円札を発見。全て1万円札で、帯封などで束ねられておらず、袋などにも入っていなかった。

 1万円札を含むごみは26日以前に運び込まれたという。3カ月間持ち主が現れなかった場合、現金の所有権は津市に移る。

無断転載・複製を禁じます