ドライバーにチラシを配り「ながら運転」撲滅を訴える則竹崇智さん(右)=26日午後、愛知県一宮市

 愛知県一宮市で2016年、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」をしながら運転していた男のトラックにはねられ死亡した同市の小学4年則竹敬太君=当時(9)=の父崇智さん(51)が、一宮署のイベントに参加し「(運転手の)一瞬の慢心が命を奪うこともある」と「ながら運転」の撲滅を訴えた。

 事故から26日で5年。事故現場近くの交差点に警察官や地域のボランティアら約20人が「絶対ダメ! 運転中のながらスマホ」と書かれたのぼりを持って立ち、車や歩行者に啓発。崇智さんもチラシを配って回った。

 崇智さんが国への要望を重ねた結果、19年に道交法が改正された。

無断転載・複製を禁じます