闘志満々の表情を見せる松井投手=26日午前11時45分、金沢学院大

 プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスに5位で指名された金沢学院大4年の松井友飛(ともたか)投手(22)=穴水町出身、穴水高OB=が26日、同大で球団スカウトから指名あいさつを受け、「プロの実感が湧いてきた。毎年2桁勝ち、最多勝利投手になりたい」と大きな目標を掲げた。

 スカウト部長の後関昌彦氏と東海地区担当スカウトの山田潤氏が訪れ、松井投手は2人と面談した後、会見に臨んだ。

 190センチの長身から繰り出す最速154キロの速球でプロ入りの夢をつかんだ松井投手は「楽天には素晴らしい投手がたくさんいるので、その一員になれるのがうれしい。今から2カ月、体づくりをしっかりやっていく」とあらためて喜びをかみしめ、1軍のマウンドへ胸を膨らませた。

 山田氏は「上背からの角度あるストレートが魅力。体幹、下半身を鍛え、チームを引っ張るスケールの大きい投手になってほしい」と期待した。

 松井投手とともに金沢学院大から北海道日本ハムファイターズに6位で指名された長谷川威展(たけひろ)投手(22)=埼玉県出身、花咲徳栄高OB=はすでに指名あいさつを受けた。

無断転載・複製を禁じます