発達する低気圧の影響で東日本太平洋側を中心に26日昼すぎにかけて非常に強い風が吹き、大しけや大雨の恐れがあるとして、気象庁は25日、暴風や高波、土砂災害への警戒を呼び掛けた。低い土地の浸水や河川の増水、落雷や激しい突風にも注意が必要としている。

 気象庁によると、26日にかけて西日本と東日本の上空5500メートル付近を気圧の谷が通過し、これに伴って日本の南の低気圧が発達しながら伊豆諸島付近に進む見込み。東日本太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になる。

 26日夕までの24時間予想雨量は関東甲信と東海の多い場所で180ミリ。

無断転載・複製を禁じます