文部科学省

 文部科学省は25日までに、新型コロナウイルス対策で児童生徒が登校せず遠隔授業を受けた場合、指導要録の「出席停止・忌引など」の欄に記録するとの指針に関して、自治体ごとに記入欄を別の名称に変更できるとの通知を都道府県教育委員会などに出した。「出席停止扱いでは不利益が生じかねない」という保護者らの懸念に対応した。通知は22日付。

 文科省は通知で、児童生徒が自宅でパソコンを通じて授業を受けた日数は通常の出席や欠席に含まない方針を維持すると説明。ただ、従来の「出席停止・忌引など」の名称を変更した指導要録を作成できるとした。

無断転載・複製を禁じます