任期満了に伴う七尾市議選(定数18)は24日、投票が行われ、即日開票の結果、現職10人、元職1人、新人7人が当選した。昨年10月に就任した茶谷義隆市長を支持、または協力する意向を示す当選者が11人と過半数を占め、市長を支える勢力を拡大した。共産現職が議席を失った。

 市長と距離を置く市議会第1会派「灘会」は、議長の久保吉彦氏(65)=5期、無所属=が落選するなど、当選は4人にとどまった。市長選で連携した無会派現職1人も涙をのんだ。

 当選者の地域別は七尾12人、中島3人、能登島2人、田鶴浜1人。党派別では無所属14人、自民3人、公明1人となった。投票率は67・45%と前回の69・80%を下回った。任期は11月1日から4年間。当選証書付与式は今月26日午前10時から市役所で行われる。

【七尾市議選開票結果(定数18-24)】

無断転載・複製を禁じます