女子種目別平均台で金メダルを獲得した芦川うらら=北九州市立総合体育館

 女子種目別床運動で金メダルを獲得した村上茉愛=北九州市立総合体育館

 体操の世界選手権最終日は24日、北九州市立総合体育館で種目別決勝後半が行われ、女子の平均台は東京五輪6位で18歳の芦川うららが14・100点で初優勝した。日本女子の金メダルは3人目で最年少記録。同種目では1954年大会の田中敬子以来67年ぶりとなった。村上茉愛も13・733点で3位。

 床運動は五輪銅メダルの村上が14・066点をマークし、2017年大会以来2度目の世界一。平岩優奈は8位。

 男子の跳馬は初出場で24歳の米倉英信が14・866点で銀メダル。カルロス・ユーロ(フィリピン)が14・916点で初制覇した。平行棒は橋本大輝が4位、萱和磨が6位だった。

無断転載・複製を禁じます