第145回北信越高校野球大会は24日、長野県松本市野球場で決勝が行われ、星稜(石川1位)が敦賀気比(福井3位)に0-6で敗れた。

 星稜は3回に敦賀気比に2点を先制され、4回にさらに3点を奪われた。9回には追加点を許した。

 星稜は、7回に無死満塁で反撃のチャンスをつくったが、9番佐々木のショートへの鋭い当たりがダブルプレーとなるなど、チャンスを生かせなかった。9回に2死満塁となったが、あと1本が出なかった。

 春の甲子園の出場枠は北信越が2で、優勝の敦賀気比と、準優勝の星稜の出場が有力となっている。

 【試合結果 星稜(石川1位)-敦賀気比(福井3位)】

【関連記事 24日に敦賀気比戦】

【関連記事 投打かみ合いV王手 星稜センバツ確実】

 

無断転載・複製を禁じます