ライトアップされた白米千枚田とサプライズで打ち上げられた花火=輪島市白米町

 輪島市白米(しろよね)町の国名勝「白米千枚田」を約2万5千個の発光ダイオード(LED)で彩る名物イベント「あぜのきらめき」が23日始まった。今年は10周年を記念して花火が打ち上げられ、幻想的な雰囲気に包まれた棚田との共演が見物客を魅了した。

 LEDは千枚田の四季をイメージして4色に変化するタイプで、桜のピンク、苗や木々の緑、稲穂の黄金、日本海の荒波の青の順で15分ごとに色を変える。点灯を前にボランティア約250人があぜに50センチ間隔で設置した。

 新型コロナで点灯式や御陣乗太鼓の演奏などのセレモニーは中止となったが、午後5時45分から5分間、花火600発が打ち上げられた。密集を避けるため、事前告知しなかった。

 来年3月13日までの毎日、日没から約4時間点灯する。津幡町の会社員高森楓さん(29)は「まさか花火も見られるとは思わなかった。とても感動した」と話した。

無断転載・複製を禁じます