着床前検査のイメージ

 流産を防ぐため、体外受精した受精卵の染色体に異常がないかどうかを調べる「着床前検査」を巡り、日本産科婦人科学会(日産婦)は23日、検査を受けられる患者や施設の基準を来年初めにも策定し、不妊治療クリニックなどでの実施を容認する方針を表明した。

 学会は現在、研究目的などの場合を除いて禁止しているが、基準策定後は日産婦が認定した施設で検査を受けられるようになる。

 一方、着床前検査は、染色体に異常がない受精卵を選んで子宮に戻すため、命の選別につながりかねない。小児科の医師やダウン症の子を持つ親の団体からは、慎重な実施を求める声もある。

無断転載・複製を禁じます