第1打を放つ森口プロ=小矢部市興法寺のゴルフ倶楽部ゴールドウイン

 寬仁(ともひと)親王記念杯第23回北陸ウェルフェアゴルフトーナメント(富山新聞社、北國新聞社後援)は21日、小矢部市興法寺のゴルフ倶楽部ゴールドウインで行われた。北陸三県を中心に参加者127人が交流の輪を広げ、故寬仁親王が残した善意とフェアプレーの精神を胸に刻んだ。

 競技は18ホールストロークプレー、ダブルペリア方式で行われた。一般男子76人、シニア(70歳以上)29人、女子22人が参加し、信高博さん(南砺市)が総合優勝した。大会長の西田明男ゴールドウイン会長、富山市出身の森口祐子プロらが参加した。

  瑶子さまがメッセージ

 寬仁さまの次女瑶子さまは新型コロナウイルスの影響を考慮して出席を見送られた。瑶子さまは「次回こそは皆さまとお会いし、交流できることを切に願います」とのメッセージを寄せた。3密を避けるため、表彰式も取りやめた。

 大会は毎年、障害者福祉への正しい理解を深める活動の推進を目標に、参加費の一部とウェルフェアホールでの収益金を福祉施設に寄付している。四つのショートホールをウェルフェアホールとし、参加者が成績に応じて寄付した。

 募金は高岡市の障害者支援施設「はたらくよろこび」に贈られ、備品購入や運営資金に充てられる。

 ◇総合優勝(数字はOIGHN順)

信 高博(南砺) 46・45・91・19.2・71.8

 ◇シニア男子優勝

渋谷清澄(射水) 41・43・84・12・72

 ◇女子優勝

鏡 晴美(小矢部) 48・53・101・28.8・72.2

 ◇総合順位

(2)石川新一(南砺) 47・42・89・16.8・72.2

(3)小林正信(東京) 45・47・92・19.2・72.8

(4)酒井重雄(福井) 43・42・85・12・73

(5)磯部弥生(小矢部) 46・45・91・18・73

無断転載・複製を禁じます