7回広島1死一、三塁、坂倉が右前に勝ち越し打を放つ。投手スアレス=神宮

 広島が打ち勝った。3―6の七回無死一、二塁で宇草の中前打を塩見が後逸して一挙同点。さらに坂倉、菊池涼の適時打などで畳み掛けこの回計7点を奪った。コルニエルが2回無失点で来日初勝利。ヤクルトはミスで流れを手放した。

無断転載・複製を禁じます