石川県は20日、10代男子高校生から80代女性までの4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。80代女性が中等症で、その他3人は軽症。いずれも感染経路は分かっていない。感染者が1桁かゼロとなるのは18日連続で、累計は7940人となった。

 県指標では、直近1週間の新規感染者が14人に減少した一方、感染経路不明者数が11人に増加した。病床使用率2・7%(12人)と、重症病床使用率2・6%(1人)は前日から変化はなかった。

 20日は3人が治療を終え県内で治療・療養中の患者は26人となった。同日午前10時までに505件の検査が報告され、うち行政検査はゼロだった。

 金沢市は20日、市役所第1本庁舎に勤務する50代の男性職員1人が感染したと発表した。市職員に濃厚接触者はおらず、消毒作業も終えているため、21日以降も通常通り業務を行う。

 同市教委は市立学校に通う子ども1人が感染したと公表した。

 生徒1人の陽性が判明し臨時休校した金沢西高は21日から再開する。

無断転載・複製を禁じます