【ワシントン共同】米国の次期駐中国大使に指名されたバーンズ氏は、中国が新疆ウイグル自治区で「ジェノサイド(民族大量虐殺)」をしていると議会証言し、チベットや香港、台湾での抑圧的行為は「不当で、やめるべきだ」と批判した。

無断転載・複製を禁じます