ボクシングの男子世界選手権に向けてオンラインで記者会見する岡沢セオン=20日

 ボクシングの男子世界選手権(25日開幕・ベオグラード)に出場する日本代表10選手が20日、出発前にオンラインで記者会見し抱負を語った。東京五輪代表でウエルター級の岡沢セオンは「金メダルを持って帰ってくる。パリ五輪を世界チャンピオンとして迎えたい」と日本勢初優勝を目標に掲げた。

 パリ五輪に向け本格始動の闘いになる。東京五輪に出場したミドル級の森脇唯人は「メダル獲得を目指して頑張る」と気合を入れた。

 新型コロナウイルスの影響で最終予選が中止になり、東京五輪への道が断たれたライト級の堤駿斗は「気持ちは切り替えた。目の前の闘いに集中する」と表情を引き締めた。

無断転載・複製を禁じます