オレンジ色の塗料がかけられた総務省の看板=19日午前、東京・霞が関

 東京都千代田区霞が関の総務省と裁判所の看板にオレンジ色の塗料がかけられ、警視庁麹町署は19日、現場近くにいた住所不定、職業不詳の70代の男を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。同省の警備員が看板に塗料をかける男の姿を目撃していた。

 総務省の看板には文字の一部に、裁判所では全体を覆うように塗料がかけられていた。

 署によると、19日午前9時50分ごろ、総務省の警備員から「看板に塗料がかけられている」と110番があった。別の警備員が裁判所近くにいた男を取り押さえた。

 逮捕容疑は総務省の看板に塗料をかけた疑い。

無断転載・複製を禁じます