開幕した最新ITや家電の見本市「CEATEC(シーテック)2021オンライン」のサイト(画像の一部をモザイク加工しています)

 最新ITや家電の見本市「CEATEC(シーテック)2021オンライン」が19日、開幕した。新型コロナウイルスの感染防止のため、昨年に続き、2年連続でインターネット上での開催となる。314の企業や団体が参加し、世界的に関心が高まる脱炭素やデジタル化といった分野の独自技術を動画などで披露。販路の拡大や提携による相乗効果を目指す。

 初めて出展したソフトバンクは宇宙や高度20キロの成層圏から電波を送り、地球上のあらゆるエリアでネットを使えるようにする構想を紹介。東芝は薄型で曲げられる太陽電池を取り上げ、ビルの外壁や窓にも設置できると売り込む。

無断転載・複製を禁じます