ドジャース戦の9回、サヨナラ打を放つブレーブスのロサリオ=アトランタ(共同)

 【アトランタ共同】米大リーグのプレーオフは17日、アトランタでナ・リーグ優勝決定シリーズ第2戦が行われ、ブレーブス(東地区)がドジャース(ワイルドカード)に5―4と2試合連続のサヨナラ勝ちで2勝0敗とした。八回に2点差を追い付き、九回にはロサリオの4安打目となる適時打で試合を決めた。

 ア・リーグは試合がなく、1勝1敗のアストロズ(西地区)とレッドソックス(ワイルドカード)がそれぞれの本拠地で練習した。レッドソックスの沢村はグラウンドに姿を見せなかった。第3戦はボストンで18日午後8時8分(日本時間19日午前9時8分)開始予定。

無断転載・複製を禁じます