靖国神社の秋季例大祭に合わせて岸田首相が奉納した「真榊」=17日午前、東京・九段北

 岸田文雄首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 岸田文雄」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。関係者によると、首相は18日までの例大祭中、参拝はしない。菅義偉前首相は17日午前に参拝した。後藤茂之厚生労働相、若宮健嗣万博相は、岸田首相と同様に真榊を奉納した。

 菅氏は参拝後、記者団に「前内閣総理大臣として来た」と述べた。官房長官と首相在任時は参拝を見送っていたという。

 靖国神社にとって4月と10月の例大祭は重要な祭事とされる。例年3日間の例大祭期間は、新型コロナウイルスの感染防止のため昨年に続き2日間に短縮した。

無断転載・複製を禁じます