【啓新ー小松大谷】一回裏、小松大谷2死二塁。吉田が先制の3塁打を放つ=16日午前9時12分 長野県上田市の県営上田野球場 

 第145回北信越高校野球大会は16日、長野県内の3会場で開幕し、1回戦が行われた。小松大谷(石川2位)は啓新(福井2位)を7-2で破り、星稜(石川1位)は東海大諏訪(長野3位)に5-4の九回サヨナラ勝ちを収め、いずれも8強入りした。

 星稜は2-4で迎えた九回裏、1点を返した後、2死から4番・若狭遼之助の適時二塁打で同点、さらに2死二、三塁とチャンスを広げ、6番・荒木陽翔(はると)が右前打にサヨナラ打を放った。

 ▽1回戦

啓  新010000001―2

小松大谷10200040X―7

(啓)平井、夜久、黒田、田中-久保田(小)岩野、南-北村、前本▽三塁打 吉田(小)▽二塁打 久保田(啓)南(小)

東海大諏訪010001020―4

星   稜100100003x―5

(東)吉澤、大野-衣川(星)武内、牧野、マーガード-佐々木▽二塁打 鳥山、吉澤(東)若狭(星)

無断転載・複製を禁じます