来春のセンバツにつながる第145回北信越高校野球大会は16日、長野県の松本市野球場を主会場に始まり、石川勢は1回戦で県大会で優勝の星稜が、長野3位の東海大諏訪に5-4で逆転サヨナラ勝ちし、2回戦に駒を進めた。

 【試合結果】

 【関連記事 小松大谷(石川2位)が初戦突破】

 【試合結果 小松大谷(石川2位)ー啓新(福井2位)】

 【関連記事 松商学園(長野1位)が競り勝つ】

 【試合結果 松商学園(長野1位)-帝京長岡(新潟3位)】

 【関連記事 富山第一(富山1位)がコールド負け】

 【試合結果 富山第一(富山1位)ー敦賀気比(福井3位)】

 【関連記事 高岡商が初戦敗退】 

 【試合結果 高岡商(富山2位)―日本文理(新潟2位)】 

 【関連記事 富山商が延長で競り勝つ】

 【試合結果・富山商(富山3位)ー福井工大福井】

 【関連記事 遊学館が7回コールド負け】

 【試合結果・遊学館(石川3位)ー東京都市大塩尻(長野2位)】

 【関連記事 北越(新潟1位)が5回コールド勝ち】

 【試合結果・北越(新潟1位)-長野日大(長野4位)】

無断転載・複製を禁じます