ミャンマー国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官=6月23日、モスクワ(AP=共同)

 ASEANのオンライン緊急外相会議で演説するマレーシアのサイフディン外相=15日、クアラルンプール(マレーシア外務省提供、AP=共同)

 【シンガポール共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)は16日、今月下旬の首脳会議や関連会議にミャンマー国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官を招かない方針を明らかにした。2月のクーデターで全権を掌握した後、軍政は特使受け入れや暴力の即時停止でASEANと合意したが履行しておらず、ASEANは圧力を強める。内政不干渉が原則のASEANでは異例の対応となる。

 15日の緊急外相会議で議長国ブルネイが声明で「ミャンマーからは非政治的な代表を招待すると決定した」と表明。外務省高官を招くとみられる。ミャンマー国軍の報道官は16日、「内政干渉に当たる」と反発した。

無断転載・複製を禁じます