ニューヨーク・ウォール街にある地下鉄の駅(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比382・20ドル高の3万5294・76ドルで取引を終えた。朝方発表された9月の米小売売上高が市場予想を上回ったことから、米景気回復の加速を期待した買いが優勢となった。

 金融を中心に米主要企業で好調な決算が相次いでいることも好感された。特に朝方発表した決算が大幅増益だったゴールドマン・サックスが大きく上昇し、相場を押し上げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、73・91ポイント高の1万4897・34。

無断転載・複製を禁じます