昨年10月、富山市犬島新町1丁目の自宅で妻=当時(71)=の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた無職室谷和夫被告(71)の裁判員裁判論告求刑公判は14日、富山地裁(細野高広裁判長)で開かれ、検察側が懲役5年を求刑した。弁護側は懲役3年、執行猶予5年が相当と主張して結審した。判決は21日に言い渡される。

 検察側は、がんや認知症を患っていた妻美代子さんの介護について、著しく過酷だったとは言えないと指摘し、「殺害に及んだのは冷静さを欠き、短絡的だった」と非難。弁護側は「気の抜けない介護で不眠になるなど肉体的、精神的に疲れ果てていた」として情状酌量を求めた。被告は最終意見陳述で「後悔と反省の毎日です」と述べた。

 起訴状などによると、被告は昨年10月31日午前6時ごろ、自宅のベッドで眠っていた美代子さんの首にロープを巻いて締め付け、殺害したとしている。

無断転載・複製を禁じます