ブルワーズ戦の8回、決勝の本塁打を放ち、声を上げるブレーブスのフリーマン=アトランタ(USAトゥデー・ロイター=共同)

 ホワイトソックスに勝ち、5年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めて喜ぶアストロズの選手たち=シカゴ(ゲッティ=共同)

 【シカゴ共同】米大リーグのプレーオフは12日、地区シリーズ(5回戦制)の第4戦がシカゴなどで行われ、ア・リーグはアストロズ(西地区)がホワイトソックス(中地区)に10―1で勝ち、3勝1敗として5年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。三回にコレアの2点二塁打で逆転し、着々と加点した。

 15日から沢村の所属するレッドソックス(東地区)と対戦する。

 ナ・リーグはブレーブス(東地区)がブルワーズ(中地区)に5―4で競り勝ち、3勝1敗として2年連続でリーグ優勝決定シリーズに進出した。八回にフリーマンのソロ本塁打で勝ち越した。

無断転載・複製を禁じます