澁谷工業社長の澁谷弘利(しぶや・ひろとし)氏は12日朝、金沢市の石川県立中央病院で死去した。90歳。葬儀は近親者で執り行う。後日、お別れの会を開く。

【関連記事 「100歳まで社長やりたい」】

 関係者の話を総合すると、澁谷氏は12日朝、自宅で体調不良を訴え、救急搬送された。

 澁谷氏は1953(昭和28)年京大経済学部卒。同年、澁谷工業に入社し、常務、副社長を経て83年9月から現職。86年には同社を東証2部から1部に引き上げた。石川県鉄工機電協会長を長く務め、現在は名誉会長。2010年には旭日小綬章を受章した。馳浩衆院議員、岡田直樹参院議員の連合後援会長、自民党県連副会長も務めていた。

 東京商工リサーチによると、東証1部上場企業の代表者では澁谷氏が最高齢だった。

無断転載・複製を禁じます