大相撲名古屋場所千秋楽で照ノ富士を下して45度目の優勝を決め、雄たけびを上げる白鵬=7月、名古屋市のドルフィンズアリーナ

 日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で定例理事会を開き、現役引退を申し出ていた大相撲の第69代横綱白鵬(36)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=の引退と年寄「間垣」の襲名を承認した。優勝45度をはじめ数々の史上1位記録を樹立したが、現役時代の問題行動を鑑み、年寄として協会規則を守るなどの誓約書にサインした上での異例の承認となった。

 白鵬は10月1日午後に国技館で引退会見を開く。今後は宮城野部屋付きとして後進を指導する。

 29日の審査委で「10年間は部屋付きの親方として親方業を習熟すべき」など厳しい意見が続出した。

無断転載・複製を禁じます