提訴のため静岡地裁沼津支部に向かう、熱海市の大規模土石流で被災した伊豆山地区の住民ら=28日午前

 静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流は起点の土地での不適切な盛り土が原因だとして、被災した伊豆山地区の住民ら計70人が28日、土地の現旧所有者とそれぞれの会社などに計約32億円の損害賠償を求めて静岡地裁沼津支部に提訴した。住民らは「土石流は明確に『人災』により生じた」と主張している。

 原告の一人で母親を亡くした瀬下雄史さん(53)は「人災を二度と繰り返さないために行動していく」と話した。

 原告は住民のほか、亡くなった住民の家族や営業休止を余儀なくされた温泉施設の関係者ら。当初原告数は68人だったが、27日に遺族2人が加わった。

無断転載・複製を禁じます