記者会見する社会民主党(SPD)の首相候補ショルツ氏=27日、ベルリン(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】26日に連邦議会(下院)選挙が行われたドイツで、新政権樹立に向けた各党の連立交渉が始まった。首位の中道左派、社会民主党(SPD)の首相候補ショルツ財務相は27日の記者会見で、小差で破ったメルケル首相の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)について「野党になるべきだ」と述べ、自らの政権樹立に意欲を示した。

 一部政党の間では26日に早くも交渉が始まった。新政権は3党連立の公算が大きく、ショルツ氏と、歴史的な敗北を喫したCDUのラシェット党首の2人が新政権の年内樹立を目指している。メルケル氏は新政権発足まで留任、その後政界を引退する。

無断転載・複製を禁じます