謎解きラリーをPRするポスター=氷見市役所

ラリーの拠点となる潮風ギャラリー=同市中央町

 まんがのまち発信 潮風ギャラリーなど拠点

 氷見市出身の漫画家、藤子不二雄Ⓐさん(元富山新聞記者)の人気キャラクター「怪物くん」が出した問題を解きながら市中心市街地を巡るイベント「謎解きラリー」が来月1日からスタートする。潮風ギャラリーなど4カ所でクイズに挑み、全問正解するとクリア賞が贈られる。スマートフォンを使った拡張現実(AR)ラリーも同時に実施し、「まんがのまち」を楽しんでもらう趣向だ。

 謎解きラリーは、市が「怪物くんのワクワク大作戦」と題して企画した。怪物くんが氷見の有名なものを四つ集めるように命令し、お供の怪物たちが探して回る設定となっている。

 設問は潮風ギャラリーとJR氷見駅、市漁業文化交流センター、ひみ番屋街にあり、全問解答した上で「最後の謎」を解いて、ラリーシートを同ギャラリーに提出すると、藤子Ⓐキャラが描かれた特製ステッカーがプレゼントされる。全問クリアした人は氷見の特産品の抽選に参加できる。

  ARクイズも

 ARラリー「まち歩きクイズラリー」はスマートフォンの専用アプリを使用。藤子キャラのスポット10カ所を巡り、氷見にちなんだ4種類のクイズなどに取り組んでもらう。3カ所以上を訪れ、条件をクリアすると、藤子Ⓐキャラが入ったオリジナル壁紙が手に入る。

 二つのラリーは参加無料で、12月28日まで行う。問い合わせは氷見市観光交流課=0766(74)8106(平日のみ)=まで。

無断転載・複製を禁じます