記者会見でクラウドファンディングの開始を発表する馬場啓弁護士=27日午後、熊本市中央区

 ハンセン病患者とされた男性が殺人罪などに問われ、死刑執行された「菊池事件」の再審開始を求める弁護団が27日、無罪の立証活動に充てる資金を集めるため、インターネットで寄付を募るクラウドファンディング(CF)を始めたと発表した。

 事務局長の馬場啓弁護士は熊本市内で記者会見し「菊池事件の解決なくしてハンセン病問題の解決はない。ぜひ協力してほしい」と呼び掛けた。集めた資金は、有識者による意見書を作成するための費用に活用する。

無断転載・複製を禁じます