開店の準備を進める西村さん夫婦=金沢市石引2丁目

住民から寄せられた絵

  10月、金沢・石引「風月堂」跡に開店

 金沢市石引2丁目で10月8日、オープンするステーキ店「Meat ぴあ 賑(にぎわい)」に、金沢美大の学生らの絵画を展示するスペースが設けられる。店を切り盛りする夫婦が、周辺に学生が多く住んでいることから、「学生の作品披露の場や交流の場になればいい」という思いで設置を決めた。

 店を開くのは、大阪府出身の西村健司さん(45)と石引出身の文子さん(41)の夫婦。4年前、半世紀の歴史に幕を下ろしたケーキ店「風月堂」の空き店舗に店を構える。

 学生のほか、地域住民からも作品を募っており、25日までに住民女性がバラの絵を寄せた。店内は約50平方メートルの広さで、20席を用意する。気軽に立ち寄ってもらえるよう、外から調理風景が見えるようこだわった。

 10月8日のオープンに先立ち、27日からは予約制でランチの提供を始める。国産の肉にこだわり、低価格でステーキやカレーライスなどを用意する。感染対策のため、ご飯やみそ汁、コーヒーはセルフサービスとなる。

 勤務先が近くにある心理カウンセラー米林香華さん(45)は「風月堂のあとは何も使われてなくてさみしかった。早くお肉が食べたい」と話した。西村さん夫婦は「地域の人が気軽に来てくれる場所になればいい」と期待した。

無断転載・複製を禁じます