成田空港のA滑走路で見つかったカメ=24日午後

 ウミガメが描かれた全日空のエアバスA380=2019年3月、成田空港

 成田空港で24日午前、A滑走路にカメ1匹が侵入し、同滑走路が12分間閉鎖された。国土交通省成田空港事務所によると、出発便5機が最大15分遅れた。この中には、機体にウミガメの親子が描かれた那覇行きの全日空機もあり、SNS上では「見送りに来たのか」などの声も上がった。

 成田国際空港会社などによると、カメは全長約30センチ、重さ約2・1キロ。日航機のパイロットが、誘導路から滑走路に入る地点にカメを見つけ、管制官に連絡。空港職員が捕獲した。

 全日空によると、後に控えていた機内ではカメの侵入で停止しているとのアナウンスが流れ、非常に和やかな雰囲気だったという。

無断転載・複製を禁じます