着床前診断のイメージ

 日本産科婦人科学会(日産婦)は23日、体外受精した受精卵の染色体を調べて子宮に移植する「着床前診断」の大規模臨床研究で、流産を繰り返していた女性の流産が減ったとする中間結果を発表した。ただ検査で子宮に入れることが可能と判断された受精卵は、全体の4割ほどしか得られなかった。日産婦は最終的に出産まで至る割合は変わらないとみており「出産を希望する人にとって有益かどうかは検証が必要」としている。

 着床前診断は、不妊治療の新たな選択肢として期待される一方、染色体に異常がない受精卵を選んで子宮に戻すため、命の選別につながりかねないとの指摘がある。

無断転載・複製を禁じます