【ジュネーブ共同】国際パラリンピック委員会(IPC)は22日、国際車いすバスケットボール連盟(IWBF)の障害クラス分けがIPCの定めた国際基準を順守していないとして昨年1月に同競技を2024年パリ・パラリンピックから除外していた問題で、IWBFの改善策を評価して条件付きで実施競技に復帰させると発表した。

 一時は東京パラリンピックの実施競技から除外される可能性もあった。IPCは改善策の実行を注視する姿勢を示し「条件を満たさない場合は制裁措置に至る可能性がある」と強調した。

無断転載・複製を禁じます