週間経路不明、注意報相当に

 石川県は21日、園児~90歳以上の8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者数が1桁となるのは、7月7日(9人)以来約2カ月半ぶり。経路不明者は3人で、感染者の累計は7762人となった。

 県の指標では、直近1週間の感染経路不明者数が前日から5人減って41人となり、7月13日以来70日ぶりに下から2番目のステージ2・注意報相当に下がった。直近1週間の新規感染者数も115人と前日より改善した。病床使用率は17・9%(78人)で微増した。

 クラスター(感染者集団)は、17日公表の高校運動部関係で生徒1人の感染が分かり、累計13人となった。

 新規陽性8人のうち7人が30代以下。金沢市の20代女性が中等症で、残りは軽症か無症状。自宅療養者は1人増えて65人となった。

 輪島市教委は21日、河井小の児童1人が感染したと発表した。校内に濃厚接触者はいないため、休校措置は取らない。

無断転載・複製を禁じます