日本―イラン 第1セット、ポイントを奪われた石川(奥右)ら日本の選手=千葉ポートアリーナ

 バレーボールの男子アジア選手権最終日は19日、千葉ポートアリーナなどで行われ、日本は決勝で前回優勝のイランに0―3で屈し、2大会ぶりの制覇を逃した。

 日本は第1セット、石川(ミラノ)、大竹(パナソニック)の活躍でジュースに持ち込んだが25―27で失った。第2セットは要所で相手のサーブとブロックに苦しみ22―25。第3セットは宮浦(ジェイテクト)の強打などで粘ったが29―31で奪われた。

 3位決定戦は中国が台湾を3―0で下した。

無断転載・複製を禁じます