夜間接種を受ける男性=高岡市内のホテル

 富山県の新型コロナウイルスワクチン夜間接種は18日、県東部に続いて県西部会場となっている高岡市のホテルニューオータニ高岡でも始まり、射水市、氷見市の約210人が1回目の接種を受けた。

 会社員髙田健司さん(39)=射水市今井=は「土日の昼間は仕事があるので都合が良い。たくさんの人が来ていたが意外とスムーズに終わった」と話した。

 夜間接種は12~39歳の若年世代や妊婦の接種を促進するために実施された。県東部会場の富山空港ターミナルビル(富山市)では11日に始まっている。

 12月4日までの土曜に両会場で計約2千人に接種する。予約は各市町村で受け付けている。

無断転載・複製を禁じます