菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選が17日午前に告示され、河野太郎行政改革担当相(58)、岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)の4氏が立候補を届け出た。複数の女性候補の出馬は史上初で、党内7派閥のうち6派閥が事実上の自主投票。国会議員票の383票と「地方票」と呼ばれる党員・党友票の383票の計766票を争う。新型コロナウイルス対策や経済政策、森友学園問題などを争点に論戦が展開される。29日に投開票され新総裁が選出される。

【関連記事 いざ出陣、4候補気勢】

 各陣営はオンラインを含め出陣式を開催。河野氏は、国民の支援を背景に「戦いを勝ち抜きたい」と強調。岸田氏は「今の時代が求めているリーダーは私だ。最後まで国民、党員に向き合い、自民党の信頼を回復する」と訴えた。高市氏は「派閥に関係なく、政策に賛同してくれた同志が駆け付けてくれた。必ず勝ちにいく」と述べた。野田氏は「謙虚で、誠実で、国民から信頼を頂戴しながら頑張っていく自民党を見せたい」と呼び掛けた。

 発信力のある河野氏は次期衆院選の「顔」としての期待が集まり、中堅・若手を中心に支持が広がる。岸田氏は足元の岸田派を着実に固めたほか、麻生派のベテラン議員らに浸透している。高市氏は安倍晋三前首相に支持され、保守系議員の支援も受ける。野田氏は、出馬に必要な推薦人20人を確保できたのが告示前日の16日と出遅れたため、支持拡大を急ぐ。

 政策面では、河野氏はコロナ禍など有事での財政出動の必要性や、安全が確認された原発の再稼働が現実的だとの認識を示し、持論の脱原発を封印。岸田氏は格差是正や中間層への手厚い分配を重視し「令和版所得倍増計画」を掲げた。高市氏は「サナエノミクス」三本の矢として金融緩和、緊急時の機動的な財政出動、大胆な危機管理投資・成長投資に力を注ぐと強調した。野田氏は地方再生実現に向け地方の財源を安定的に確保するとした。

 4氏ともコロナ対策を重視する考えを強調。森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんに関しては河野、岸田、高市氏が再調査に否定的だ。野田氏は森友問題を念頭に、情報公開の徹底により政治を透明化し、国民に説明を尽くすと主張した。党改革も焦点になりそうだ。

  出陣式、あいさつ回りに 県関係国会議員も始動 自民総裁選

 自民党の石川県関係国会議員はそれぞれが支援する候補者の出陣式への立ち会いや地元でのあいさつ回りをこなし、慌ただしく動いた。

 高市氏の出陣式では、推薦人に名を連ねた佐々木紀衆院議員が司会を担当し、「われわれの手で女性初の総理大臣を誕生させましょう」と呼び掛けた。同じく推薦人の馳浩元文部科学相は地元であいさつ回りがあるとして代理の秘書を出席させた。

 岸田氏の選対発足式・出陣式には西田昭二衆院議員や推薦人となった宮本周司参院議員が顔をそろえ、必勝を期した。

 このほか、岸田氏支持を明言している山田修路参院議員は地元で浸透を図った。政府側の岡田直樹官房副長官は投票先を明らかにしていない。

無断転載・複製を禁じます