日本庭園を表現した「石庭リウム」を最終確認する木村さん(右)=17日午前11時、金沢21世紀美術館

 誕生15周年記念祭「アートアクアリウム展」(北國新聞社、同金沢実行委員会主催)は17日、金沢市の金沢21世紀美術館で開幕した。午前は内覧会が開かれた。監修した木村英智さんは「コロナ禍の中、金魚と光が演出する非現実で癒やしを感じてほしい」と話した。

 伝統工芸や日本庭園をテーマとした水槽などが並び、音楽が会場のムードを高めた。水槽を照らす照明や映像が刻々と移り変わり、金魚による「生きた芸術」を撮影できる。

 金沢展は5年ぶりとなり、11作品が北陸で初公開される。10月14日まで。前売り券は一般2200円、4歳~小学生1000円で、平日は日付指定、土日祝は日時指定。優先的に入場できる土日祝のファストパス券もある。いずれも特設サイトで購入できる。問い合わせは平日午前10時~午後6時、北國新聞社事業局=076(260)3581=まで。

無断転載・複製を禁じます