キバナコスモスの花畑を観賞する見物客=南砺市のイオックス・アローザ

 南砺市のイオックス・アローザでキバナコスモス畑が見頃を迎え、家族連れらが、鮮やかなオレンジ色に染まった景色を楽しんだ。18日にキバナコスモスまつりが開幕し、フォトコンテスト(富山新聞社後援)も行われる。

 キバナコスモスの植栽は17年目で、今年はゲレンデに黄色い花を含む約7千平方メートルの花畑を設けた。見頃は、まつり最終日の10月17日まで続く見通し。

 まつりは午前10時~午後4時に開かれ、土日祝日にゴンドラを運行。9月18、19、25日、10月2、9、16日にナイトゴンドラも運行する。入場料は大人300円、小中学生100円で、未就学児は無料。

 フォトコンテストは、9月19日午後3時に作品の受け付けを締め切る。同日午前9時と午後1時半に写真教室も開かれ、なんとフォトクラブの片岸勉会長が指導に当たる。

無断転載・複製を禁じます