福岡県中間市の双葉保育園で、送迎バスに取り残された倉掛冬生ちゃん(5)が熱中症で死亡したことを受け、県は16日、保育施設の送迎バス運行に関する指針を公表した。運転者以外の職員添乗、乗車名簿や座席表の作成で乗降確認を徹底することを盛り込んだ。

 県によると、保育施設の車両送迎は、保護者との私的契約で国の統一基準はなく、都道府県による指針作成は初めて。

 指針ではバス利用は原則1歳以上とし、職員1人以上の添乗を明記。園児2人以下を乗用車などで送迎する場合も職員の同乗が望ましいとした。

無断転載・複製を禁じます