シャープなどが開発したイオン発生機の設置イメージ

 シャープは16日、独自の空気清浄技術「プラズマクラスター」を搭載した鉄道車両用のイオン発生機を川崎重工業などと共同開発したと発表した。既存車両に後付けできるタイプで、新型コロナウイルス流行を背景とした移動空間での衛生意識の高まりに対応する。

 既に国内の鉄道会社からの受注があるといい、実車両への搭載に向けて最終調整している。

 製造時に車両天井に埋め込むタイプのプラズマクラスターイオン発生機は、南海電気鉄道の「特急サザン」などで導入実績がある。

無断転載・複製を禁じます